パンジー関レコーディング機材レビュー音楽

【プラグインレビュー】REDD アビーロードコレクション

こんにちは、レコーディングエンジニアのパンジー関です。
 
WAVESのアビーロードコレクションというバンドルに入っているプラグインを、ひとつひとつレビューしていくという企画をやっています。
 
今回はWAVES REDD
 
動画はコチラ。
 

 
 
REDD17、REDD37、REDD51コンソールが再現されています。
このうちREDD17は当時画期的だったみたいです。
何が?
 
このREDD17から、コンソールに初めてイコライザーが搭載されたそうです。
へぇ~
 
なんかもはや博物館的な気持ちになりますよね。(とは言ってもこれは1960年代頃。50~60年前ですね。)
 
今のコンソールは、通常まずはHA(ヘッドアンプ)があって、その後にイコライザーという順番になっています。
 
このREDD17はまだ試行錯誤中だったのか、まずいきなりイコライザーが来ます。
その後にGainという順番です。
REDD37とREDD51では、まずGainが来て、その後にイコライザーですね。
うん、その方が良いと思います。
 
REDD17とREDD37とREDD51で音に違いはあるんでしょうか?
動画で色々試していますが、ドライブ(サチュレーション)のかかり具合はかなり違います。
サチュレーションの具合はトラックによって色々求められるものが違ったりするので、こういったニュアンスの違いにバリエーションがあるのはうれしいですね。
 
質感をよく把握しておくと、ちょくちょく使いどころが発生しそうです。
スルメの様にじわじわ効いてきます。
ちょうど色もスルメっぽいし。
ふふふ。
 
 
 
 
 

レコーディングエンジニア パンジー関の自己紹介動画です。

============

江古田アコースティックレコーディングマガジン Vol.1 無料配布中。
サービス内容などをまとめた12Pの冊子です。

ご希望の方はお問い合わせページからメッセージください。
お名前・ご住所をご記載いただければ無料で郵送いたします。

※この冊子は、日本セルフマガジン協会主催の第3回セルフマガジン大賞にて優秀賞を獲った最強のマガジンです。
無料なので、少しでも気になられましたらぜひお申し込みください。

お問い合わせはコチラ

============

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。