未分類

茶を飲みながら、charを聞く

レコーディングエンジニアのパンジー関です。
 
 
僕はお茶が好きです。
お茶と言っても抹茶ではなく、急須で淹れる日本茶です。
ただお茶が好きというレベルを超えて、今では趣味になっています。
 
 
お茶好きになったきっかけは、お酒が一滴も飲めなかった事です。
お酒をおいしそうに飲む人は、なんかかっけーんです。
 
酔っぱらってちょっと荒々しくなる感じが、なんかロックな感じなんです。
そう思っていたのが勘違いだと気付いたのは、居酒屋でサラリーマンの飲み会風景を見た時です。
ロックとは程遠い、薄いベージュの背広のおっさんたちが、大声で高笑いしながらお酒を飲んでいる。
 
 
なんだよ。
酒とロックとなんとかじゃないんかい。
そうなんです、違ったんです。
 
ま、違ったんですけど、とにかく僕はお酒が全くダメだったんです。
酒も飲めネーなんてつまらネー!
 
 
別の飲み物を趣味にしようと思いました。
 
コーヒーの味は嫌いじゃないんですが、なんか飲むと頭痛くなっちゃったんです(今はもう大丈夫なんですが)。
 
当時ミスタードーナッツで、コーヒーを飲むと頭が痛くなっちゃう仲間の友達のN.O君と相談しました。
 
 
「ミスドのコーヒーは安物だから頭痛くなっちゃうんじゃない?」
 
そう思って、二人で一杯900もするコーヒー専門店に入ってみました。
 
料金を追加すると、カップがウエッジウッド(?)になるみたいなお店です。
 
 
しかしダメでした。
 
二人で一杯900円のコーヒーをすすり、頭をおさえてました。
 
 
しゃーねぇ、紅茶だ。
 
紅茶は結構良かったです。
専門店で茶葉の種類を色々教えてもらったり、なかなか楽しかったです。
 
But、なんか紅茶は、異様にトイレが近くなるんです。
紅茶は結構おいしいし、いいんですが、もーしょっちゅうトイレに行く事になりました。
一日何回行けば良いねん。
作業にも集中できん!
 
バーロウ、こんなに頻繁にトイレに行ってられるかい!
紅茶はやめだ!
 
 
中国茶だ!
 
中国茶も結構良かったです。
今でも烏龍茶は結構飲みます。
池袋の西武の地下にある中国茶専門店に通いまくり、色々飲みました。
その中で、ジャスミン茶を飲んだんです。
 
これが、体に合わなかった。
なんて言うんでしょう。
ジャスミン茶を飲むと、血流がなんかおかしくなるような感じになっちゃうんです。
おいしいし奥も深いしで楽しいんですが、体に合わないんです。
 
 
オーマイガー
 
 
 
マジでか。
酒、コーヒー、紅茶、中国茶、みんなダメか。
残るは日本茶しか無いじゃないか。
 
 
 
というわけで、最後に仕方なくたどりついたのが日本茶だったんです。
 
日本茶かよ!
そう思ったんですが、もう僕には日本茶しか残っていなかった。
 
ちょうどそのころ、エレファントカシマシの宮本のインタビュー記事を読んだんです。
宮本はお茶が趣味らしいんです。
ただ、中国茶とか台湾のお茶が好きらしいんですが。
台湾へ行って、旅行バッグいっぱいに急須を買って帰るんだそうです。
 
 
よし!僕も急須を買おう!
 
 
 
あらゆるデパートの茶器コーナーを歩き回り、とうとう新宿伊勢丹かそんなところで、気に入る急須を見つけました。
 
そこで買ったのがこの急須です。
たしか8千円くらいしたと思います。

 
 
 
ずっと8千円だと思い込んでいて、ある日この頃の日記を読み返したら、4900円で買ったと書いてありました。
 
 
流しで飲み終わった茶葉を捨てて水を切ってたら、注ぎ口の先っぽが水道の蛇口に「ちっ」と当たって欠けちゃって絶叫したのを覚えています。
 
「よし、日本茶を趣味にしよう!」
 
そう思ったときにかかげた標語が、
 
 
>>>>>茶を飲みながら、charを聞く
 
 
です。
 
あれ以来まだ一度もcharを聞いたことないですが、茶は飲み続けています。
 
 
 
 
 
 
あれ以来っていうか、そもそもcharって一度も聞いたことないや。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
P.S.
charが帽子をかぶり続ける理由を知ったときはね、やっぱちょっとショックでした。聞いたことないけど。

レコーディングエンジニア パンジー関の自己紹介動画です。

============

江古田アコースティックレコーディングマガジン Vol.1 無料配布中。
サービス内容などをまとめた12Pの冊子です。

ご希望の方はお問い合わせページからメッセージください。
お名前・ご住所をご記載いただければ無料で郵送いたします。

※この冊子は、日本セルフマガジン協会主催の第3回セルフマガジン大賞にて優秀賞を獲った最強のマガジンです。
無料なので、少しでも気になられましたらぜひお申し込みください。

お問い合わせはコチラ

============

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。