DTM_DAWパンジー関機材レビュー音楽

世界一分かりやすい、コンプレッサーの基本的な使い方動画3本アップしました。

こんにちは、レコーディングエンジニアのパンジー関です。
 
 
DAW・DTMネタです。
コンプレッサーの基本的な使い方動画をアップしました。
3本構成です。
 
①アタックとリリースの操作

 
 
②スネア単体に対するコンプ

 
 
③リズム全体に対するコンプ

 
 
 
みんなの憧れ、コンプです。
けど、コンプほど分かりにくいエフェクターは無いです。
実際、長年音楽をやっているミュージシャンでもよく分からない人がいるくらい分かりにくいです。
どうしてなんでしょう?
 
YouTubeにも、コンプの使い方動画はたくさんアップされてます。
結構色々見てみたのですが、どれもこれも非常に分かりにくい!
そうわたくしパンジー関は感じました。
海外のを含めても分かりにくいです。
 
たくさん動画を見て、分かりにくい原因が大きく二つある事が分かりました。
 
「分かってるんだったらお前やれよー」
 
はい、しょうがない。
わたくしめが作りましょう。
ということで作ったのです。
 
 
世界中のコンプの使い方動画がなぜみんな分かりにくいのか。
その原因の一つ目は、サンプルで使っている音源です。
 
みんな、ドラムのループだとか、普通の曲に対してだとか、ギターだとかに対してコンプを掛けています。
分かりにくい!
 
パンジー関の動画では、その音源によって分かりにくい部分を解消しました。
 
ズバリ、おためしの音源には、単体スネアひとつを使っています。
「タン」というスネアひとつに対してコンプを掛けるのが、最も分かりやすいです。
 
 
そして、分かりにくい原因の二つ目は、「コンプの掛かりが浅い!」こと。
もっと派手に掛けようぜ。
実際にはリダクション3dbくらいにするかもしれないけど、初心者には分かりにくいぜ。
というわけで、動画では、リダクションをめっっっっちゃめちゃかけてます。
 
どのくらい分かりやすくなったかというと、音楽やってない人でもコンプの掛かりがはっきり分かるくらい分かりやすいです。
 
ミュージシャンでも、「ん?これコンプ掛かってるの?」と疑問に思う事もあるコンプが、音楽を全くやったことがない人にでも分かるくらいはっきりコンプを掛けています。
画期的です。
 
 
 
以上二つの問題をクリアしている動画なので、めちゃめちゃ分かりやすいです。
そしてこれに加えて、さらにものすごく分かりやすくなる仕掛けをしています。
 
コンプレッサーを、MeldaproductionというメーカーのMCompressorを使っているんです。
 
これがMeldaproductionのMCompressor

 
 
この、Meldaproductionというメーカー。
知る人ぞ知るメーカーなんです。
 
なぜか?
 
なんと、日本で販売展開していないんです。
日本のどの代理店でも売ってないです。
そのため日本人への認知度がものすごく低いです。
 
しかし、とんでもない高機能コンプレッサーなんです。
しかもフリーソフト。
信じられない!!
 
あ、リンク貼っておきますね。
https://www.meldaproduction.com/MCompressor
 
 
信じられない様な高機能をいくつも搭載しているのですが、このブログでは、コンプレッサーの使い方が分かりやすくなる機能を一つ紹介します。
それが、波形の見える化です。
 
これです。

 
ほら。
小窓に、波形が見えます。
で、この波形、別ウインドウにして拡大表示できるんです。

 
 
めっちゃ分かりやすい。
波形の画面を拡大して、解説してみます。

 
 
この絵を見ながら動画の解説を聞いていただくと、コンプの仕組みがめっちゃめちゃ分かります。
世界一分かりやすいです。
言わせてください。
ワールドクラスです。
是非動画ご覧ください。
 
そしてこの様に、パンジー関の解説はめちゃめちゃ分かりやすいです。
なんせ教員免許持ってます。
大学で専門教育受けてます。
 
DTM講座是非受けてください。
心配な方は、まずは無料体験レッスンに来てください。

 
 
 
 

レコーディングエンジニア パンジー関の自己紹介動画です。

============

江古田アコースティックレコーディングマガジン Vol.1 無料配布中。
サービス内容などをまとめた12Pの冊子です。

ご希望の方はお問い合わせページからメッセージください。
お名前・ご住所をご記載いただければ無料で郵送いたします。

※この冊子は、日本セルフマガジン協会主催の第3回セルフマガジン大賞にて優秀賞を獲った最強のマガジンです。
無料なので、少しでも気になられましたらぜひお申し込みください。

お問い合わせはコチラ

============

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。