バンドパンジー関レコーディング機材レビュー

真空管コンプ(Fairchild670系)が欲しい!

レコーディングエンジニアのパンジー関です。
 
 
真空管コンプが欲しいです。プラグインの。
特にFairchild670系のコンプを探しています。
みんなが憧れるあのコンプです。
何気に今まで持っていなかった。
 
実機はこんなやつです。

 
出典:https://www.flickr.com/photos/audiomixhouse/14600132129/in/photolist-7E9YVc-ky768V-kWdTP-sm5U3-ofauC2-JvrDe-onWn6V-onVM2V-hJsr2p-y24ozg-oEqmk2/
 
 
今回僕が欲しいのは実機ではなく、プラグイン。
候補に上がっているのが、4つあります。
 
①Positive Grid Matching Compressor

出典:Positive Grid PRO SERIES
 
ギターのプラグインで最近なにかと話題のPositive Grid ですが、普通のエフェクターも出しています。ひっそりと。
PRO SERIES というエフェクターシリーズが出てて、その中の、Matching Compressor がそれです。
 
・真空管系コンプ
・光学式コンプ
・FETコンプ
 
の3点セット販売です。
この3つのうちの、真空管系コンプがFairchild670のエミュレーションになっています。
お値段99ドル。今はセールで69ドル。
安い!
 
3で割ってみると1つ33ドル!(セールで23ドル!!)
しかも結構面白そうです。
挿せる真空管が色々選べる仕様になっていて、すっごい楽しそう!
 
 
②SLATE DIGITAL Virtual Buss Compressors

出典:Slate Digital Virtual Buss Compressors
 
 かっこいい。
バスコンプの、これも3点セット。
 
・SSL 4000
・フォーカスライトRED
・Fairchild 670
 
の3つをモデリングしています。約2万円。
ん~、とりあえずひとつで良いんだけどな。
けど3つ付いてきちゃいます。
 
Fairchild なのに、アタックやリリースも調整できるってのは良いですね。
今欲しいのはFairchild670のモデリングのだけど、残りの二つのバスコンプもすっごく評判良いです。
 
 
③Acustica audio Ultramarine3

出典:Acustica ULTRAMARINE3
 
GUIがハンパなくかっこいいAcusticaのコンプ。
Ultramarine3もめちゃめちゃかっこいいです。
これ本当にプラグインなの?
実機じゃないの???
 
お値段299ユーロ(3万円くらい?)
これは抱き合わせじゃありません!
あーかっこいい。
 
 
④WAVES PuigChild Compressor

出典:WAVES PuigChild Compressor
 
 
WAVES製です。
ただのFairchildではなく、Jack Joseph Puigさんが所有しているFairchild660/670のモデリングという、どれだけマニアなのかというコンプです。
定価45360円ですが、メディアインテグレーションでは今セールで5379円です。
安い!
WAVESなんて定価で買うことなんてまず無いので、もはや定価って言っている意味無いんじゃないかって感じですけど、一応一番高いです。
WAVESなんで、きっと使い勝手良いんでしょうね。
 
 
 
他にも各種メーカーから出てますが、色々検討して候補に残ったのが上の4つ。
さて、どれにしよう。
買うのはとりあえずひとつです。
WAVES のプラグインはもう色々持っているので外そうかなと思っているのですが、使い勝手が良さそうなのはちょっと捨てがたいですね。
 
 
Positive Grid はかなり惹かれてます。
搭載できる真空管が選べるってのは魅力的ですね。
Dry/Wetもあって音色のバリエーションが豊富そう。
実際にかなり使えそうな予感。
3点セットの残り二つのコンプもなんか良さそう。
 
 
ACustica も相当惹かれてます。
だってかっこいい。
購入金額としてはこれが一番高くなりそうですが、インパルスレスポンスを使うという方式で質がかなり良いんじゃないかと期待が高まります。
抱き合わせではないですが、お試しをしてみて質が高ければこれにしちゃおうかな。
あとかっこいい。
そしてかっこいい。
 
 
SLATE DIGITAL のも相当惹かれてます。
候補4つの中では、なんか一番格式が高そうな感じがしますね。
もう2つのバスコンプの評判もめちゃめちゃ良いので、トータル的にはこれが一番コストパフォーマンス良さそう。
今、僅差でこれにしてしまおうかなと思っています。
 
 
同じFairchild670 のモデリングでも、メーカーによってかなり特色があって面白いです。
みんなクオリティが高く、どれを選んでも大きな失敗は無さそうです。
それだけに悩んじゃいます!
 
デモを試せば良いじゃないかって?
そうですね。
試してみます。
 
 
 
 
============
 
江古田アコースティックレコーディングマガジン Vol.1 無料配布中。
サービス内容などをまとめた12Pの冊子です。
 

 
ご希望の方はお問い合わせページからメッセージください。
お名前・ご住所をご記載いただければ無料で郵送いたします。
 
※この冊子は、日本セルフマガジン協会主催の第3回セルフマガジン大賞にて優秀賞を獲った最強のマガジンです。
無料なので、少しでも気になられましたらぜひお申し込みください。
 
 
お問い合わせはコチラ
 
 
============
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。