バンドマイキングレコーディング音楽CD販売

レコーディングで最も怖いもの。それは、その場のノリ。

レコーディングエンジニアのパンジー関です。
 
 
レコーディングでテイクを重ねると、どれをOKテイクにするべきかで悩むことがあります。
メンバーや、その場にいる人みんなにどう思うか聞いてみます。
 
あれこれ話し合ったり、もうワンテイク録ってみたりと試行錯誤するのは楽しいんですが、気をつけなければならないことがあります。
 
 

それは、その場のノリで何かを決めない事。

 
 
その場のノリはめちゃめちゃ怖いです。
誰かがギャグを言って、なんか盛り上がって、そのノリでテイクを決めたりすると後で痛い目に遭います。
 
そのテイクは、そのギャグとノリがあってはじめて成立するものだったんです。
しかし音源だけを聞くリスナーには、そのギャグや盛り上がりの場は届きません。
そうすると、そのテイクが成立しなくなってしまいます。
 
オーマイガー
 
レコーディングを楽しくやって盛り上がるのはすごくいいんですが、その盛り上がりがあってこそ成立するようなテイクをOKテイクにするのはNG!
 
OKテイクを選ぶ場合、あくまでリスナーに届く素材だけで成立するのかどうかでチョイスするべきです。
 
 
 
 
============
 
江古田アコースティックレコーディングマガジン Vol.1 無料配布中。
 

 
ご希望の方はお問い合わせページからメッセージください。
お名前・ご住所をご記載いただければ無料で郵送いたします。
 
※この冊子は、日本セルフマガジン協会主催の第3回セルフマガジン大賞にて優秀賞を獲った最強のマガジンです。
無料なので、少しでも気になられましたらぜひお申し込みください。
 
 
お問い合わせはコチラ
 
 
============
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。