バンド路上ライブ音楽音源販売・拡散CD販売

路上ライブテクニック2/4 曲はショートバージョンにする。そうすると、CDが売りやすい!

レコーディングエンジニアのパンジー関です。
 
 
路上でミュージシャンがライブをする目的は様々です。
ここでは、路上ライブで投げ銭・CD販売・集客を目的とするミュージシャンへの路上ライブテクニックを掲載します。
 
 

曲はショートバージョンにする

 
路上ライブで演奏する曲は、Aメロ、Bメロ、サビ、で終わるショートバージョンにしちゃいます。
フルでやると、路上ライブでは長すぎるんです。
 
お客さんは通りすがりの人なので、時間があまりありません。
時間があまり無い中でアーティストの魅力を最大限伝えようと思ったら、曲をショートバージョンにしてしまうんです。
そうすることによって、短い時間でたくさんの曲を聞いてもらうことができます。
ダイジェスト版にしてしまうんです。
 
 

曲はショートバージョンにすると、CDが売りやすい

 
こう言います。
 
「路上でみなさんお忙しい中、なるべくたくさんの曲を聞いてもらいと思い、ショートバージョンでお送りしています。
けど本当はフルで聞いてほしいんです。
ぜひ、フルで収録されたCDを聞いてください。
1枚1000円です。」
 
 
買ってもらうには、買うべき理由を伝えることです。
曲をショートバージョンにすることによって、「本当はフルで聞いてほしい」という、買う理由をひとつ追加することができるんです。
 
 
 
 
 
============
 
江古田アコースティックレコーディングマガジン Vol.1 無料配布中。
 

 
ご希望の方はお問い合わせページからメッセージください。
お名前・ご住所をご記載いただければ無料で郵送いたします。
 
※この冊子は、日本セルフマガジン協会主催の第3回セルフマガジン大賞にて優秀賞を獲った最強のマガジンです。
無料なので、少しでも気になられましたらぜひお申し込みください。
 
 
お問い合わせはコチラ
 
 
============
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。