バンド音楽音源販売・拡散

CD店「超山田堂」の山田先生に聞いてきた!バンドがCDを売るにはどうすればいいんでしょうか!

国分寺のCD店「超山田堂」の山田先生(通称:ちょ山先生)に聞いてみました。
 
バンドがCDを売るにはどうすればいいんでしょうか?
 
答えは超シンプルでした。
 
 
「いいライブをすること」
 
 
です!
わぉ!超シンプル!
ジャケットも大事とも言ってました。
しかしジャケットは、中身がいいものであれば自然とジャケットも良くなるそうです。
 
あと、手書きのポップ!
活字は、人間はスルーしちゃうんだそうです。
手書きのポップは世界にひとつだけなんで、目を引くんだそうです。
そういやタワーレコードとかもポップは手書きですね。あれだあれ!
 
バンドのCDと言っても、基本的にそれはものづくり。
結局はいいものを作るという原点に帰ってくることになる。
 
で、バンドで言うなら、やっぱりライブが一番売れる!
 
今、やっぱりCDは売れない。
というか、ただでは売れない。
買いに走らせる「何か」が必要。
 
その「何か」がライブ!
 
 
本当に素晴らしい、いいライブをして、目の前の物販にかっちょいいジャケットのCDがあれば買ってくれる!
 
 
ある意味、すごく健全に感じました。
なんだ、なんも迷ったりする事ないじゃん。
最高のライブをしてやればいいんだ。
しかし僕は思いました。
 
 
逆に、もしライブをやってCDが売れなかったとしたら、それはいいライブができなかったって事だ!
 
 
これはヤバイね。
 
ここで、「じゃ次はもっとこうしたらどうだろうか」という試行錯誤をしていくバンドと、何もしないバンドで分かれていくんじゃないかと思う。
 
対バンでCDが売れているバンドがいたら、一体どんなライブをやっていたか、何か工夫をしているのか、よく観察するべきだ!
 
 
超山田堂では、インディーズバンドでもCDを持ち込んでくれたらお店に置いてくれるそうです。
ちょ山先生はめっちゃいい人!
バンドのみんな、超山田堂にCD置きに行こう!
そして超山田堂を、新しい文化の発信基地にしていこうぜ!
 
 
 
CDを売るプロのCD屋さんの話はさすが深い!
僕は個人的に、うちでレコーディングしてくれた音源は、ぜひともガンガン売れて広まって欲しい!
というか、うちのじゃなくても、音楽がもっと売れて広まっていく世の中になって欲しい!
また今度色んなCD屋さんに、CDを売るにはどうしたらいいのかインタビューしに行ってみようかなと思いました。
取材したらまたブログに書きます!
 
 
=======
今回は、うち(江古田アコースティックレコーディング)でレコーディングして、先日CDがリリースされたthe Seekersの『生きるブルース』を置いてもらいに、the Seekersのドラムのモーリーと、生きるブルースのMVを撮影したMan on the birdの映像監督の松田さんと一緒に超山田堂にお邪魔しました。
 
image_3ed4dc9
 
image_7355c28
 
ちょ山先生ちょー楽しい!
もうバカ話が延々続いて終電ギリになってしまいました。
 

image_9a2a714

image_414e8ad

image_4830ebb

image_affdd65
 
映像監督の松田さんは、超山田堂用にDVDを作って持っていきました。
テレビがあるので、そこで流してくれるんです!
 
行ってみたら、4:3のブラウン管のテレビデオ!笑
すごいぜ!さすが超山田堂!
 
image_c744e03
 
 
超山田堂
the Seekers
Man on the bird(映像監督松田さん)
 
 
 
 
 

 
 
 


 
 
 
============
 
江古田アコースティックレコーディングマガジン Vol.1 無料配布中。
 

 
ご希望の方はお問い合わせページからメッセージください。
お名前・ご住所をご記載いただければ無料で郵送いたします。
 
※この冊子は、日本セルフマガジン協会主催の第3回セルフマガジン大賞にて優秀賞を獲った最強のマガジンです。
無料なので、少しでも気になられましたらぜひお申し込みください。
 
 
お問い合わせはコチラ
 
 
============
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。