DTM_DAWレコーディング機材レビュー

Softube CL1Bを波形で検証!初代とmk2はまったくの別物!オーマイガッ!!!!

こんにちは、江古田アコースティックレコーディングの代表の関です。
 
正確なモデリング技術で有名なSoftubeが、自信を持って世に送り出しているコンプレッサープラグイン、Tube TechのCL1B。
今回は、このCL1Bの検証動画です。
 
 
 

 
 
 
その昔わたくしパンジー関が初めてちゃんとしたレコーディングスタジオに、バンドマンとして訪れた際、機材に囲まれた部屋に感動したものです。
そして数ある機材の中でも、最も目を引かれてしまったのが、このCL1B実機でした。
CL1Bがコンプレッサーだという事も知りませんでした。
けどなぜか大興奮してしまいまして、意味も分からずつまみの数値をメモしたのを覚えています。
 
 
そんなCL1Bがプラグイン化されたときは、そりゃあ大興奮したものです。
もちろん購入しました。
その後CL1Bがリニューアルされて、mk2が発売されました。
 
 

 

 
初代CL1Bと、新しく発売されたmk2の比較動画です。
 
今回の動画を作るにあたり、世界中のCL1Bに関するレビュー、比較動画、ブログ等を見直しまくりました。
mk2は、初代よりも良くなったという評価が一般的でした。
そして、良くなったので、もう初代は出番ないね、というのが一般的な評価でしたが、、、
 
 
いや~、今回波形で検証してみてビックリです。
初代とmk2は、まったくの別物でした。
アタックタイムを操作した時の、コンプの引っかかり方が全然違う。
 
ちょっと、Softubeのモデリング技術を疑ってしまうくらい違う。
 
だって、初代もmk2も、同じ実機をモデリングしているんでしょ?
それだったら、基本的には同じ挙動をするはずでしょう。
 
しかし波形で検証してみると、まったく違うんです。
同じ実機をモデリングしたら、こんな違いにはなるはずありませんがな。
 
 
一体どうした!!!
 
ソフチューーーーブーーーーー!
 
 
ま、はっきりと違いが判ったので、今後は用途によって使い分けができます。
動画、ぜひ見てみてください。
僕自身余りの驚愕ぶりに、絶叫しているシーンが多いですが、ご容赦ください。笑
 
 
 
 

【DTM・DAW】ミキシング作業風景垂れ流し動画3時間08分が見れるメルマガやってます。

エンジニアはミキシングで一体何をしているんだろうか。。。
「いいからその作業風景を見せてくれ!」
 
はい、お見せします!
バンドサウンドをレコーディングしまして、そのwavデータをプロジェクトに貼り付けるところから完パケまで、全部お見せします。
 
これを見れば、どのトラックにどんなプラグインを挿しているのか。
どのつまみをどのくらいにしているのか。
全部見れます。
人によっては、この動画1本をじっくり見るだけでミキシングの技術をマスターする事もできると思います。
 
無料です。
まずはとにかく見てみてください。
 
ミキシング風景垂れ流し動画が見れる無料メルマガ登録ページはコチラ

レコーディングエンジニア パンジー関の自己紹介動画です。

============

江古田アコースティックレコーディングマガジン Vol.1 無料配布中。
サービス内容などをまとめた12Pの冊子です。

ご希望の方はお問い合わせページからメッセージください。
お名前・ご住所をご記載いただければ無料で郵送いたします。

※この冊子は、日本セルフマガジン協会主催の第3回セルフマガジン大賞にて優秀賞を獲った最強のマガジンです。
無料なので、少しでも気になられましたらぜひお申し込みください。

お問い合わせはコチラ

============

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。