DTM_DAWパンジー関レコーディング機材レビュー

WAVES CLA-76の挙動不審な動きを波形で観察!なんじゃこりゃ!?

こんにちは、江古田アコースティックレコーディングの代表の関です。
 
WAVESの人気プラグインの中でも、世界中で使用頻度が最も高い?かどうかは分かりませんが、とにかく人気のCLA-76の解説動画です。
ぶっちゃけ扱いにくい!と個人的に思っているCLA-76ですが、波形で検証した結果、レシオをALLにして、アタックタイムを6にした時、摩訶不思議な挙動をすることを発見しました!
 
 

 
 
CLA-76を使う際の一般的な注意点についても解説してます。
まず、ブラックとブルーでは、ブルーの方がよりパンチーな音になります(動画でも検証!)。
CLA-76はスレッショルドが固定されているのが有名ですが、大きな注意点があります。
それは、レシオを変えると、スレッショルドの固定値も変わるという点です。
 
レシオ4の時より、レシオ20の時の方がスレッシュルドが浅いです。
そのため、ただレシオのボタンを4と20で切り替えただけだと、レシオ4の時の方がリダクション量が多くなります。
ぶっちゃけ扱いにくい!!!笑
 
けどこれを理解しておかないと、レシオの切り替えが的確にできません。
 
あと、レシオが4から20の場合と、レシオがALLの場合は、明らかに挙動が異なります。
ここの違いも把握したうえで使うべきです。
 
動画を見ていただければ、CLA-76使い方が変わります!
 
 

【DTM・DAW】ミキシング作業風景垂れ流し動画3時間08分が見れるメルマガやってます。

エンジニアはミキシングで一体何をしているんだろうか。。。
「いいからその作業風景を見せてくれ!」
 
はい、お見せします!
バンドサウンドをレコーディングしまして、そのwavデータをプロジェクトに貼り付けるところから完パケまで、全部お見せします。
 
これを見れば、どのトラックにどんなプラグインを挿しているのか。
どのつまみをどのくらいにしているのか。
全部見れます。
人によっては、この動画1本をじっくり見るだけでミキシングの技術をマスターする事もできると思います。
 
無料です。
まずはとにかく見てみてください。
 
ミキシング風景垂れ流し動画が見れる無料メルマガ登録ページはコチラ

レコーディングエンジニア パンジー関の自己紹介動画です。

============

江古田アコースティックレコーディングマガジン Vol.1 無料配布中。
サービス内容などをまとめた12Pの冊子です。

ご希望の方はお問い合わせページからメッセージください。
お名前・ご住所をご記載いただければ無料で郵送いたします。

※この冊子は、日本セルフマガジン協会主催の第3回セルフマガジン大賞にて優秀賞を獲った最強のマガジンです。
無料なので、少しでも気になられましたらぜひお申し込みください。

お問い合わせはコチラ

============

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。